アンガーマネジメントの目的

アンガーマネジメントは、怒らなくなることが目的ではありません。怒る必要のあることは上手に怒れて、怒る必要のないことは怒らなくて済むようになることです。

私たちはとかく、「怒っておけば良かった」「怒らなければ良かった」と後悔することがあります。怒った後で後悔したのなら、それは、本当は怒る必要がなかったということ。 逆に、怒っておけば良かったと後悔したのなら、それは本当は怒る必要があったということ。アンガーマネジメントができるようになると、怒る必要のあること、怒る必要のないことの線引きができるようになり、怒りで後悔しなくなります。

ごく稀に、アンガーマネジメントを「怒らないこと」「怒らない人になること」と誤解されている方がいらっしゃいますが、アンガーマネジメントは怒らないことではありません。繰り返しになりますが、 怒る必要のあることは上手に怒れて、怒る必要のないことは怒らなくて済むようになること。それが、アンガーマネジメントです。