問題のある怒り方4つ

怒りは、人間にとってごく自然な感情ですから、怒ることそれ自体は悪いことではありませんが、次の4つにあてはまる場合は問題です。

1.強度が高い
一度火がつくと止まらなくなってしまう怒り方です。 相手が謝っているのに自分がすっかり怒り切るまで怒るのをやめない、など。

2.頻度が高い
一日中、どこにても、誰といても、しょっちゅうイライラしたり、カチンときたり。

3.持続性がある
過去にあったことをいつまでも引きずったり、思い出し怒りをしたり。

4.攻撃性がある
暴力や暴言、無視をしたり、投げやりになったり、自分を責めたり、物に当たる、など。

どれも怒りを上手に表現しているとは言えませんね。このような怒り方は、後悔や罪悪感につながります。アンガーマネジメントができるようになるためには、自分はどのような怒り方をしているのか、まず自己認識することが大切です。