怒った時にしてはいけないこと

怒った時に、絶対にしてはいけないことが、たった1つだけあります。 それは「反射」です。反射的に「何かを言う」「何かをする」「言い返す」「やり返す」など。つまり、売り言葉に買い言葉、のようなものです。

たとえば、子どもが宿題もやらずにゲームをしているのを見た時、ついカッとなって「いいかげんにしなさい!」と怒鳴ってしまったことはないでしょうか。そこで子どもが「うるさいなぁ、良いところなのに」などと言い返してこようものなら、「何言ってるの!!まったくいつになったら…!(以下、省略)」などとさらに怒りは強くなり、倍返し、3倍返し、してしまうこともあるのではないでしょうか。

怒る側にとっても、怒られる側にとっても、反射は望ましい結果を生みません。それがわかっているのにやってしまう。そこで、6秒待つというルールをつくってみましょう。

諸説ありますが、一般的に、怒りの感情のピークは長くて6秒と言われています。ですから、カッとなっても6秒待つことができれば、より良い選択ができる可能性が高まります。ひとまず6秒間は「余計なことは言わない、しない」ことを心がけて、最悪の事態を防ぎましょう。

とは言え、怒っている時の6秒はとても長く感じるものです。アンガーマネジメントでは、6秒を無理なく待つためのテクニックがいくつかあります。次回以降、そのテクニックをいくつかご紹介いたします。