6秒で逆に怒りが強くなる理由

先日、あるインターネットの掲示板で「6秒待ったら逆に怒りが強くなった」という書き込みを見かけました。

アンガーマネジメントの6秒ルールは「反射」を防ぐことが目的なので、ついカッとなって怒鳴ったり、叩いたりしなければそれでOKなのですが、それでは納得できない方が多いようです。そこで今回は、6秒で逆に怒りが強くなる理由について、書いてみたいと思います。

6秒待ったことで、逆に怒りが強くなる理由。それは、頭の中で怒り続けているからです。

表面上は平静を装っていても、頭の中では「ありえない」「信じられない」「考えられない」「普通じゃない」「非常識」など、相手を責める言葉でいっぱいではないでしょうか。これでは、怒りの炎に、自分で油を注いで炎上させているようなものです。

誤解されている方が多いのですが、「6秒待つ」とは、6秒我慢する、6秒抑える、ではありません。「6秒間、怒りを頭から追い出す」です。

目の前にムカつくヤツがいるのに、どうやって追い出すんだ!と、たった今、お怒りの方もいらっしゃると思います。が、頭から怒りを追い出すことは、できます。人間の脳が一度に処理できる情報量には、限りがあるからです。

仮に、激昂するほどの強い怒りに襲われたとします。しかし、もしその時、地震などで自分の身体が大きく揺れたら、どうですか? 一瞬、はっ、としませんか?「あれ?地震?」「あれ?まだ揺れてる?」と状況を見極めようと集中しませんか? その瞬間は、自分の身を守ることが最重要課題になり、怒りは後回しになるのではないでしょうか。

アンガーマネジメントの6秒テクニックを使うと、「6秒間、怒りを頭から追い出す」ことができます。スケールテクニック、コーピングマントラなどなど。

6秒経過すると、脳内の「前頭葉」と呼ばれる「冷静な判断」や「論理的な思考」を行う部位が活動を始め、この怒りにどう対処すべきか冷静に考えられるようになります。前頭葉が働き始めたら「よし、ここは大きな声で主張しておこう」とか、「今回は見逃そう」「次からこうしてほしいと伝えよう」など、怒りをどう表現するか、選択することができます。

つまり、怒りにまかせて怒るのではなく、自分が「どう怒るか」を決めて「怒る」ことができるのです。そして、それこそがアンガーマネジメントのめざすところでもあるのです。

6秒で逆に怒りが強くなるのは、待っている間に怒っていることを考え続けてしまうから。それを防ぐために、怒りを頭から追い出すアンガーマネジメントのテクニックが有効です。