怒りを癒しに

11月9日に母を亡くして、もうすぐ2ヶ月。「まだ」なのか「もう」なのか。泣き続ける日々ではなくなりましたが、つい、以前のように「これ、母が喜びそうだな、買って行こうかな」「このこと、母に話したら大笑いするだろうな」そんなこと考えては、それができないことを思い出して涙がこぼれてしまう。今は、そんな毎日です。

亡くなる前の3カ月間ほど、私は、神様にいつも腹を立てていました。

母は、いくつもの重い病気を抱えていました。限界まで認知症の父を介護し、父を施設にお願いした直後、大きな病気が見つかりました。痛かったはずなのに、苦しかったはずなのに、誰をも、何をも恨まず、日々の暮らしの小さなことに喜びを見つけて、母は前向きに懸命に生きていました。

母は、ただ一生懸命に生きているだけなのに。なぜ神様は、こんなにも母を苦しめるのか。もしできるものなら神様の肩を揺すって、「どういう了見で母をこんな目に遭わせるのか」と問い正したいような気持ちでした。

怒りは飛び火して、マナーやモラルに反する行為、他人を尊重しない態度、といったものに向かいました。このような怒りは、私の場合、「これを見過ごしてはいけない。みんなが迷惑する」「同じような思いをする人が二度と出ないように」などといった利他的な動機が前面に出てくるため、「自分が怒っている」とは気づけないまま、相手に正論で挑もうとします。アンガーマネジメントを知らなければ、色々なところで、私は取り返しのつかないことをしていたでしょう。

今もまだ、私の心の中は悲しみでいっぱいです。寂しさも、後悔も、罪悪感もあります。私は、怒りを感じやすくなっているはずです。

今、私のデスクには、母が若い頃の笑顔の写真がたくさんあります。母は、とても幸せだった。そう思うと、心がとても慰められます。自分を笑顔にしてくれるものを回りに置く。これもアンガーマネジメントから教わったことです。だから、悲しいけれど、寂しいけれど、とても癒されています。これが怒りとなって表出するか、癒しにつながるか。この違いはとても大きいと思う。アンガーマネジメントに、私の人生は支えられています。


認定心理士に

今日、公益社団法人 日本心理学会から「認定心理士認定証」が届きました。同封されていた「倫理規程」や、学会誌「心理学ワールド」を読んで、「心」に関する研修に登壇する人間としてのスタートラインにようやく立てた、そんな気持ちになりました。

認定心理士には以下の科目で申請しました。すべて放送大学での履修です。

心理学概論(’12) 
教育心理学概論(’14) 
心理学研究法(’14) 
心理統計法(’17) 
心理学実験1 
心理学実験2 
心理学実験3 
心理検査法基礎実習
認知心理学(’13) 
錯覚の科学(’14) 
生理心理学(’18) 
学力と学習支援の心理学(’14) 
発達心理学概論(’17) 
臨床心理学演習A 
臨床心理学演習B 
心理臨床の基礎(’14) 
心理臨床とイメージ(’16) 
心理カウンセリング序説(’15) 
認知行動療法(’14) 
乳幼児・児童の心理臨床(’17) 
思春期・青年期の心理臨床(’13) 
中高年の心理臨床(’14) 
精神分析とユング心理学(’17) 
人格心理学(’15) 
社会心理学(’14) 
交通心理学(’17)

アンガーマネジメントを伝えるにあたり、この知識は必ずしも必要ではありません。では、なぜ学んだのか? 理由は、知りたかったから。ただ、知りたかったから学んだのです。

パソコンインストラクター時代も同じことをしていました。WordやExcelを教えるのに、パソコンを解体してパーツの名前や働きを知る必要はありません。でも、私は何がどうしてこうなるのかを知りたかったのです。だから、パソコンを解体したり、逆に組み立てたりしました。私が心理学を学んだのも、それと同じです。何がどうなっているのか、心のしくみを知りたかった。それだけなのです。

今、やっとスタートラインです。これからも自分自身の怒りを通して、「怒り」と「心」について、深く考えていきたいと思います。55歳。まだまだ、これからです。